販売管理と会計の関係


販売管理と会計の関係について説明します。

会計には、「財務会計」「管理会計」があります。

「財務会計」とは、
貸借対照表や損益計算書を中心とした財務諸表を作成して、企業の財政状態や経営成績を取り扱います。
「財務会計」は税務署や銀行、株主、債権者、取引先といった企業と関わりのある外部の組織・利害関係者に公表するのが目的です。
毎日の取引を正しく、会計データとして記帳する必要があります。
仕訳と呼んでいます。

「管理会計」とは、
経営者や管理職の意思決定を支援する為の会計情報です。
対策を打つ為の、会計情報です。

「管理会計」も「財務会計」も、経営者や管理者にとって、非常に重要です。

特に、「販売管理」と「財務会計」は、密接に関係しています。
「販売管理」で出荷を行うと、売上(収益)になります。
また、商品、材料、部品などを仕入れると支払いが発生しますので経費が、発生します。
商品の在庫は、資産になります。

販売活動を正しくおこない、財務上の取引も正しくおこなう必要があります。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
10:532310