受注管理の業務


受注管理の業務について説明します。
見積もりから契約、受注について説明します。


受注管理の業務は、注文を受け付けることです。

初めての顧客には、「見積もり」を行い、「取引契約」を締結します。
その後、注文を受け付けます。「受注業務」です。

受注管理の業務の流れは次のようになります。

  1. 見積もり
    初めての取引きをおこなう場合や販売価格が変動する場合におこないます。

  2. 取引契約の締結
    継続的に取引先と取引を行う場合には、予め取引条件などを決めた上で、契約を結びます。

  3. 受注業務
    得意先から注文を受けます。
    受注です。
    取引を継続する場合は、受注業務のみをおこないます。

それぞれについて説明します。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
10:532310