取引契約の締結


得意先の「見積書」を提出して、得意先の要望にあっていれば、取引が始まります。

■1.取引契約の締結

継続的に「取引先」と取引を行う場合には、まず、予め「取引条件」などを決めた上で、「取引契約」を結びます。

「取引条件」には次のようなものがあります。
  • 保証
  • クレーム処理
  • 機密保持
  • 解約
  • 期間
  • 支払の締日
  • 回収日
  • 回収方法
などです。

後々のトラブルを防ぐため、継続的に取引をおこなう場合は、必ず、「取引契約」を結んでおいた方がよいですね。


■2.得意先台帳の作成

得意先との取引契約が終わったら、「得意先台帳」を作成します。
「販売管理システム」などを使用する場合は、必ず、登録する必要があります。

登録する項目としては、次のような項目があります。

  • 得意先コード
  • 名称
  • 住所
  • 電話/FAX番号
  • 部署
  • 役職
  • 担当者
  • メールアドレス
  • ホームページ
  • 支払方法
  • 締め日
  • 回収方法
  • 回収日
  • 与信限度額
などです。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
10:532310