請求・回収の業務


「請求・回収」の業務について説明します。

継続的に取引を行う場合は、通常は取引が発生した都度、請求を発行しません。

得意先との「取引条件」に従って、通常は「請求締め日」に一定期間の売上を集計します。
「請求金額」を確定させ、「請求書」を発行します。
その後、「代金」を回収します。

「請求・回収の業務」の流れは次のようになります。

  1. 請求業務
    代金を請求します。

  2. 回収業務
    売上代金を回収します。

です。

それぞれについて説明します。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
14:050703