売上の計上時期(売上計上基準)


「売上の計上時期」とは、いつの時点で、売上に計上するかということです。
いつ売上にするかです。

売上が計上されるということは、その時点で、提供した商品の所有権が得意先に移動することです。
売上の計上の時期をいつにするかは、取引上非常に重要です。

売上を計上する日付は、通常は、「商品を引き渡したとき」とされていますが、業種や取引形態によって考え方が異なるため、いくつかの基準があります。
「売上計上基準」と呼んでいます。

自社の実情にあった基準を選択して、継続して適用します。

次のような、「売上計上基準」があります。


売上計上基準 売上計上日 内容
出荷基準  出荷した日 継続的に定型商品を出荷する物販業で多く採用されています。
納品基準 納品した日
引き渡した日
一般的な考え方です。
検収基準 得意先が検収した日 商品の品質を重視する場合に採用される方法です。
役務提供完了基準 役務提供完了日 サービス業などを提供する場合は、サービスの提供が完了した時点で計上します。
継続的にサービスを提供する場合は、期間を区切って期間(1ヶ月など)が終了した時点で売上を計上します。
●建設業や、土地、建物販売業の場合では、次のような「売上計上基準」が適用されます。
工事完成基準 工事が完成したとき 工事が完成し、引渡しを完了した時点で、計上します。
工事進行基準 工事の進捗度に応じて 決算の日に、工事の進捗度に応じて、工事の売上を計上します。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
10:532310