仕入管理の業務


「仕入管理」の業務について説明します。

「小売業」の「販売管理」においては、商品を販売するためには、商品を仕入れる必要があります。
「仕入管理」と呼んでいます。

「製造業」の場合は、製造するための、部品や原材料を仕入れる必要があります。
そして、商品を製造して、出荷、販売します。

「小売業」の場合は、商品を仕入れて、販売します。

仕入担当者にとって、重要なのは、会社の販売活動が、円滑に遂行されるように、必要な、物品やサービスを出来る限り安く、必要なときに仕入れる(調達)ことです。

「仕入管理」の業務の流れは次のようになります。

  1. 見積依頼
    初めて取引をおこなう場合や販売価格が変動する場合におこないます。

  2. 購買契約の締結
    継続的に仕入先をと取引を行う場合は、あらかじめ取引条件などを決めた上で、「購買契約」を締結します。

  3. 発注業務
    仕入先へ発注をおこないます。

  4. 入庫・検収業務
    仕入先からの入庫があり、品質などを確認・検収します。

  5. 支払締め業務
    請求される代金の確認し支払い金額の確定をおこないます。

  6. 支払業務
    代金を支払います。

です。

それぞれについて説明します。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
10:532310