発注業務


発注業務について説明します。

購買担当者は、「仕入先」に対して、購買対象商品の発注をおこないます。

発注業務は、次のような流れになります。
  1. 購買依頼書の作成
  2. 仕入先の選定
  3. 注文書の作成

です。

それぞれについて説明します。

  1. 購買依頼書の作成
    「購買依頼書」とは、在庫を管理する在庫担当者が、補充が必要な商品・材料・部品などの購買依頼を、おこなうために作成する書類です。

    「購買依頼書」の項目としては、次のような項目があります。

    • 作成日
    • 依頼番号
    • 目的
    • 商品
    • 納入場所
    • 納期

    などです


  2. 仕入先の選定
    購買担当者は、在庫管理担当者からの「購買依頼書」を確認して、仕入先を選定する必要があります。

    確認する項目としては

    • 納期
      仕入先ごとに、納入の期日は異なります。
      適切なタイミングで納入することが必要です。

    • 発注数量、発注ロットと価格
      発注数量や発注ロットをまとめて発注することにより、価格が下がったり、運送費などのコストを抑えることができます。
      適切な、発注数量を決める必要があります。

    などです。


  3. 注文書を作成します。
    購買担当者は、選定した仕入先ごとに、「注文書」を作成し、送付します。

    「注文書」の項目としては次のような項目があります。

    • 発注日
    • 発注番号
    • 納入場所
    • 納期
    • 商品
    • 金額

    などです。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
10:532310