入荷・検収業務


入荷・検収業務について説明します。

「仕入先」から発注した商品・材料・部品などが入荷されます。
以下の流れの中では、商品を使用して説明しています。

入荷・検収業務の流れは次のようになっています。

  1. 仕入先からの入荷
  2. 入荷商品の検収
  3. 検収結果の報告
  4. 仕入伝票の作成
  5. 取引の記帳

です。

それぞれについて説明します。

  1. 仕入先からの入荷
    仕入先から商品が入庫(入荷)したときの流れは、次のようになります。

    1. 発注した商品が仕入先から入荷します。
    2. 在庫担当者は、仕入先から商品を受け取るとともに、「納品書」、「納品書控え」、「受領書」を受け取ります。
    3. 入荷した商品と書類の記載に相違がない確認します。
    4. 「受領書」の「確認印」または「サイン」をおこないます。
    5. 「納品書控え」と「受領書」を仕入先に渡します。
    6. 入荷した「商品」と「納品書」を受け取ります。


  2. 入荷商品の検収
    在庫担当者は、商品が入荷したら、直ちに「検収作業」をおこないます。

    「検収」とは、「入荷した商品」と「発注した商品」とで間違いがないか確認することです。

    確認する項目としては、次のような項目です。

    • 商品
    • 数量
    • 外観
    • 品質
    • 納期

    などです。

    検収が終了したら、「検収結果」を購買担当者に報告します。
    報告時には、「検収報告書」などを作成します。
    上の結果が記載されています。


  3. 検収結果の報告
    購買担当者は、在庫管理担当者から受け取った「検収報告書」をもとに、「検収書」を作成して、仕入先に送付します。

    仕入先は、「検収書」と「発注書」で、確認をおこないます。
    仕入先は、売上を計上します。


  4. 仕入伝票の作成
    検収の結果、受け入れた商品は、所有権が自社に移動します。
    購買担当者は、検収の結果をもとに、「仕入伝票」を作成します。
    「仕入伝票」は「注文書」や「注文書の写し」とともに経理担当者へ渡します。


  5. 取引の記帳
    経理担当者は、購買担当者から「仕入伝票」および、「注文書」を受け取ります。
    「仕入」を仕訳として記帳します。
    「買掛金」になります。


  6. 商品有高帳の記入
    「商品有高帳」とは、商品ごとに、「受け入れ(仕入れ)」、「払い出し(出荷)」の都度、「数量」、「単価」、「金額」を記入し、商品の「残高明細」を記録する補助簿です。
    商品の「在庫」が記録されています。

    商品の「仕入れ」が計上されるとともに、「商品の増加(入荷)」が発生しますので、「商品有高帳」に記入します。




[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
14:050703