支払業務


支払業務について説明します。

「支払業務」とは、仕入先に代金を支払うことです。

「支払業務」は、次のような流れになります。

  1. 支払予定表の作成
  2. 払いの振込作業
  3. 支払いと取引の記帳
  4. 出金の消し込み

です。

それぞれについて説明します。

  1. 支払予定表の作成
    経理担当者は、受け取った支払依頼書や仕入先からの「請求書」から「支払予定」をを確認します。
    支払先ごとに支払日が異なっていますので、「支払予定表」を作成します。

    「支払予定表」とは、仕入先からの請求情報および取引条件から、支払締めをおこなった、請求をいつ支払わなければならないかを一覧で確認できるようにした表です。

    「支払予定表」を作成することで、資金管理ができるようになります。


  2. 支払いの振込作業
    銀行で支払いをおこないます。
    振込支払いをおこなう場合は、取引銀行と提携し、オンラインで処理している企業もあります。
    「ファームバンキング」と呼んでいます。

  3. 支払いと取引の記帳
    「経理担当者」は、「支払期日」に「仕入先」へ支払いを行い、「出金伝票」に記載します。

    「出金伝票」の項目としては、次のような項目があります。

    • 出金日
    • 伝票番号
    • 仕入先
    • 支払方法
    • 支払金額

    などです。

    「出金金額」を仕訳として記帳します。
    「買掛金」の残高金額が減少します。
    「銀行の預金」(現金)が減少します。


  4. 出金の消し込み
    「過去の取引」と「出金金額」を確認し、どの取引に対する出金があったのか、確認しておきます。
    この作業を「消し込み」と呼びます。

    これにより、未決済の「買掛残高」の内訳が明らかになり、請求や支払の漏れを極力回避することにも繋がります。




[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
10:070710