販売管理システム


「販売管理システム」について説明します。

「販売管理システム」は、「小売業」、「卸売業」、「製造業」などの業種によって機能や範囲が異なっています。

次の図は、一般的な「製造業」でのシステムの全体像です。
「製造業」では、企業の中で、いろいろなシステムが動いています。




■1.製造業

製造業では、製造している業種によっても、機能やサブシステムが異なっていますが
一般的な機能について説明します。

大きく、「販売管理システム」、「生産管理システム」、「工程管理システム」、「購買管理システム」に
分けられます。

それぞれのサブシステムについて説明します。

  • 「販売管理システム」は、

    1. 注文を受ける「受注管理システム」
    2. 商品を保管及び管理する「在庫管理システム」
    3. 出荷をおこなう、「出荷管理システム」
    4. 売上や請求をおこなう「売上管理システム」

    などのサブシステムに分かれています。

  • 「生産管理システム」は、

    1. 受注したときに、納期を解答する「納期回答システム」
    2. 今後の需要を予測する「需要予測システム」
    3. 受注情報や需要予測からこれから生産する為の計画を立てる「生産計画システム」
    4. 生産計画から、部品や原材料の調達を計画する「調達計画システム」

    などのサブシステムに分かれています。

  • 「工程管理システム」は、

    1. 実際に製造条件や工程の在庫などを管理する「工程管理システム」
    2. 品質を管理する「品質管理システム」

    などのサブシステムに分かれています。

  • 「購買管理システム」は、

    1. 部品や原材料を購買を管理する「購買管理システム」
    2. 部品や原材料の入庫や出庫をおこなう、「仕入管理システム」
    3. 支払いを管理する「支払管理システム」
    4. 部品や原材料を保管及び管理する「在庫管理システム」

    などのサブシステムに分かれています。


2.小売業、卸売業

「小売業」や「卸売業」では、「生産管理システム」や「工程管理システム」は、ありません。
「販売管理システム」「購買管理システム」になります。
「購買管理システム」は「仕入管理システム」などとも呼んでいます。


中小企業では、「販売管理システム」と「購買管理システム」を合わせて、「販売管理システム」と呼んでいる場合もあります。

「製造業」では、部品や原材料を購買しますが、「小売業」や「卸売業」では、商品になります。

発注のやり方としては、「定期発注点方式」「定量発注点方式」「ダブルビン方式」などがあります。



[↑一番上へ]
[販売管理の知識(ホームへ)]
14:050703